多くの種類で少しでも多く|生理前のイライラする症状や体調不良はPMS対策で緩和する
婦人

生理前のイライラする症状や体調不良はPMS対策で緩和する

多くの種類で少しでも多く

家族

乳酸菌を摂るときのポイントは、出来るだけ多くの種類で生死問わず、乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を食べて、自分に合った乳酸菌を見つけることが大切です。自分に合った乳酸菌を見つけるためには、2,3週間同じ乳酸菌が入った食品を摂取して、調子を見て、悪ければ違う種類も試してみるという方法をとることがお勧めです。さらに、動物由来のヨーグルトやチーズ以外にも、味噌や醤油などの発酵食品に含まれる、植物由来の乳酸菌を摂ってみることも有効です。出来るだけ多くの乳酸菌を摂ることで、善玉菌も増え、腸に良い影響を与えてくれます。自分に合ったものとは、ある程度の期間同じものを摂取してみて、お腹の調子が良くなったものが合うものです。

乳酸菌は、胃酸に弱いため、大体は腸に届く前に死んでしまいますが、死んでしまったからといっても腸内にいる善玉菌の餌になり、善玉菌を増やす働きがあるため、死んでいたとしても摂取する意味がないというわけではありません。死んだ状態であっても、できるだけ多くの乳酸菌を摂取するということが、生きた菌を少量だけ摂取するよりも重要となります。また、乳酸菌はその人の腸内環境に合わないと住み着くことが出来ないため、生きているものを外から摂取したからといって、元々いる腸内細菌との相性が悪いと、異物と認識され、外に排出されてしまうので、生きて腸まで届いたとしても、必ず腸内の定着できるわけではありません。とはいえ、腸内にいる間は働いてくれるので、まったく無駄というわけではなく、整腸作用を得るためには、毎日摂取することが重要となります。